• トップ /
  • 工業で生産効率を落とさない修繕

工業の修繕の際の注意点

工業で生産効率を落とさない修繕

計画的に工業施設を確認する

生産効率が落ちる原因の一つに設備の故障があって、工業施設にある設備の定期点検はとても重要な役割を占めています。大規模な修繕が必要となる前に、悪いところはその都度部品交換などを行っていくことが大切で、注意点としては明確な保全計画を立てたうえで点検等を行っていく必要があります。工業施設で大規模修繕が必要になると稼働を停止して行わなければならず、生産性が落ちると会社の実績に影響が出るだけでなく、地域の経済にも影響を及ぼすことにつながりますから、できるだけ稼働を停止することなく点検・修繕を行っていくためには、工業施設全体の保全計画がしっかりと立てられ、実施されていくことが肝心です。修繕は、従業員自らが行える範囲と設備・機械の専門家に委託して行ってもらうものがあり、注意点としてどこまでの範囲を従業員で対応を行うか明確にしておかないと故障やトラブルのもとです。中には資格を有していないと行えない点検や修繕があり、工業施設では電気系統や機械保全の資格を持った者が従業員にいない場合、外部の専門業者に頼まないと重大な故障を見落として事故につながる可能性があります。トラブル防止のため、あらかじめ工業施設における注意点を共有しておくと良いでしょう。

↑PAGE TOP

Menu