• トップ /
  • 工業の修繕に大切な分かれ目

工業の修繕の特徴

工業の修繕に大切な分かれ目

工業の修繕は二つの分かれる

一般的に、工業関連の修繕とは言っても、その修繕に関しては大きく二つの種類に分けることができます。もっとも一般的な修繕として知られているのが、大規模な形での再建築です。例えば、工業に限らず大きな建築物を目の前にして、それを大規模に修復を行う際には、建築という分類で作業を進めていくことになります。この際、価格が大きくなることが一つの特徴としてあげられます。そして、一般的な消費者になじみのある修繕としてはリフォームが挙げられます。これは工業に関しても当てはまることであるため、同じような修復に見えても実は全く特徴は異なりますし、法律的な立ち位置も異なります。例えば、修復作業が建築作業のように大規模になるケースでは、建築の資格を持った会社がその作業を請け負わなくてはならず、何の資格もない素人がこれを扱うことは許されません。この基準としては、修復に500万円以上の費用が掛かるか否かで分けることができます。一方で、同じように修繕とは言っても500万円未満のリフォームで収めることができるのならば、これはむしろ小規模な修復という形で抑えることができ、建築とは少し違った意味合いを持ちます。同じように見えるものであっても、中身を精査すると全く異なる特徴があるので知っておきましょう。

↑PAGE TOP

Menu